おでこにできるにきび@おしりにきび知りたい情報局

おでこににきびができる原因は様々で、シャンプーや洗顔料、化粧品などの落とし残しが毛穴に詰まることが主な要因とされています。最近の化粧品は効果を高めるために浸透しやすく、落ちにくく作られているため、落とし残しが多くなった結果、炎症が起こりにきびとなる女性の方が多いようです。

おでこにできるにきびの特徴に、髪がかかることによって発症するにきびが挙げられます。前髪が汚れている場合、その汚れの影響によっておでこに炎症を起こしたり、にきびを悪化させたりといったこともありますので、特に髪の長い女性はおでこに髪がかからないように髪型を変えるなどの対処が必要になります。

また、おでこのにきびは胃腸と密接な関係にあり、内臓が敏感な方であれば脂っこい物や辛い物といった刺激のある物をたくさん食べることで胃腸に負担がかかり機能が低下することが原因で、にきびとして現れるといったこともあるようです。この関係から、顔のにきびが出来た箇所を見て内臓の健康状態を把握する医師の方もいらっしゃいます。

おでこは皮脂の分泌が顔の他の箇所よりも多いため、にきびになりやすい箇所となります。それだけにスキンケアに力を入れたい箇所と考えられます。特に思春期では女性でも男性ホルモンの分泌が活発化しており、それに伴い皮脂の分泌も激しくなるため、おでこににきびが現れる方が多いといわれていますので、洗髪や洗顔を正しく行うことが大切になります。
参考になる情報ならおしりにきびナビ~黒ずみ、原因と治し方


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>